人事ノウハウ

【北海道】求人倍率

【北海道】2020.05 求人数・求職者数・求人倍率

【2020年5月】北海道の求人・求職における各種統計

厚生労働省 北海道労働局発表の各種統計です。
令和2年5月分が更新されました。
5月は新型コロナウイルス感染拡大によって緊急事態宣言が発令され、多くの企業、店舗、施設などが営業自粛を余儀なくされました。

5月も4月に引き続き、全体の有効求人倍率が1.0%を下回る結果となり、さらに4月から0.04%低下しました。
全体的に求人数は落ち込んでいますが、求職者数はやや減少している程度で推移しています。

職業別の求人数は、【調理人・給仕・接客サービス員等】が大きく減少しており、特に飲食に関わる業種は顕著に影響を受けていることが考えられます。また【事務員】も前月に引き続き下降の一途を辿っています。
この状況下で右肩上がりの業種が、【建設・採掘業】の求人です。

事務員】は求人数と共に求職者数も減少していますが、一方で【調理人・給仕・接客サービス員等】の求職者数は、増加しているのが特徴です。
よって【調理人・給仕・接客サービス員等】の求人倍率も急降下しています。

逆に求人倍率が目立って上昇しているのが【建設・採掘業】で、
求人数の大きな伸びに比べ、求職者数は若干の減少で留まりほぼ横ばいです。

≪職業別数値について≫
医師、看護師、薬剤師等は「医師・薬剤師等、看護師・保健師等、医療技術者・栄養士等」の合計で算出しています。
事務員は「一般事務員、会計・経理事務員営業、販売事務員」の合計で算出しています。
調理人、給仕、接客サービス員は「調理人・調理見習、給仕、接客サービス員」の合計で算出しています。
建設・採掘は「型枠大工・とび工、大工・左官、電気工事、電気配線工、建設・土木作業員」の合計で算出しています。

【職業別】北海道有効求人数

【職業別】北海道有効求職者数

【職業別】北海道有効求人倍率

【職業計】北海道有効求人数・有効求職者数・有効求人倍率

参考:厚生労働省 北海道労働局 「各種統計 職種別、求人・求職・賃金状況」より

PAGE TOP