人事ノウハウ

採用準備

UIターン人材の可能性

地方の人材不足

ITの進化により、モノや情報は都市部だけでなくどこでも簡単に入手できるようになりましたが、現在地方で最も足りない資源が”人材”です。
日本全体で、高齢化、人口減少が叫ばれている中、人口の東京一極集中が進んでいることが最大の要因です。
地方創生が日本各地で取り組まれていますが、東京一極集中が止まらない現在。
下図では、東京圏は14万8783人の転入超過、前年に比べ8915人の拡大となっています。

首都圏→圏外移住への意向

“将来的に田舎暮らしをしたい”という都市に暮らしている人は多く、全国の18歳以上の男女約 1 万人を対象に行われた調査結果によると、
10名に3名は「(潜在的に)いつかは移住をしたい」と考えていることが分かりました。
また首都圏(一都三県)に住む圏外移住意向でみても、やはり「10名中1名は地方への移住を検討している」ことが分かります。

UIターンが人材不足を救う?

地方の人材不足を解消するため、企業のUIターンへの関心が高まっており
UIターン人材は組織をより強くする可能性を秘めています。

UIターン人材の活躍と課題

【業績を高めるUIターン人材】

【UIターン転職の経験者が感じた課題】
UIターンを実現する上で、移住先における衣食住の環境整備に加え、
地域において就業先を確保することが重要です。

雇用の創出

働き方改革によって、多くの労働者は自分の働き方を見直すきっかけを得ました。
改めて自分の将来やキャリアプランを見つめ直したことで、転職という選択肢の有用性や、Uターン・Iターンのメリットを実感しています。

こうしたことから多様なニーズに合わせた雇用の創出が、企業のさらなる発展につながると言えます。

UIターン人材の採用をお考えでしたら、ぜひお問合せください。

PAGE TOP