人事ノウハウ

面接

Web面接の活用とメリット

進むWeb面接の活用

新型コロナウイルス感染症の感染拡大と、それに基づく外出自粛要請に伴い、リモートワークの他、採用活動においてもWeb面接などオンラインでの対応が注目されています。
Web面接はこれまで、外資系企業やベンチャー企業が比較的活用が進んでおり、遠方の応募者の場合など一部の企業が導入していました。
しかし新型コロナウイルスへの対応によってリモートワークが広がり、Web面接の需要も徐々に加速しているようです。

プレゼンテーション1

Web面接のメリット

募集範囲を広げて面接ができる

全国的に募集をかけスピード感をもって面接できるのが、Web面接の大きなメリットです。
コストがかからない地元や都市部の人が集まるエリアに絞って採用活動を行うのは一見合理的ですが、同業他社と選考のエリアや時期が重なった場合、想定していたより応募者が集まらない可能性があります。
同業大手との競合を避けることができ、応募者の確保につながります。

日程調整の負担の軽減

Web面接は企業側・応募者双方にとって日程調整が楽にできます。
急な日程変更があった場合、新たに日程を調整するのは企業にとっても応募者にとっても非常に負担がかかります。
応募者の移動にかかる時間や交通費、天候を考慮する必要がなく、予定があってもすき間時間で面接できるため調整が簡単です。

企業に適した人材を厳選できる

面接中の様子を動画として保存することができるため、後で見返して冷静に判断できるのもWeb面接の特徴です。
面接官同士で面接方法や基準を共有したり、合否を複数人で判断したりすることで個人の主観や判断ミスをなくし、企業に適した人材を適切に評価できます。

低コストで採用効率アップ

選考スピードを上げることができるため、より多くの面接を実施することが可能になります。
通常の面接で必要な面接場所の確保や応募者の誘導、資料の作成・準備といった事務的なコストだけでなく、採用に関わる人件費も削減することができます。
Web面接にすることによって浮いた労力を他の業務に割り当てることができるため、非常に効率的です。

***

この機会にWeb面接の活用を検討されてみてはいかがでしょうか?
Web面接も含めた採用ノウハウなど、ぜひ一度ご相談ください!

PAGE TOP